2010年2月

鳩山政権がおかしいぞ

 正月もあっという間に過ぎて、いよいよ2月に入りました。県議会でも最も大切な新年度予算案を審議する2月定例会が、19日から始まります。会期は3月19日までのちょうど1ヵ月間です。今のところ、2月25日から質疑並びに一般質問が始まり、3月8日から予算委員会に移ります。千葉県議会のホームページで本会議場の質疑が中継されていますので、どなたでも予算審議の模様がご覧になれます。どうぞ、クリックしてみてください。

 ところで、国政に目を移すと、民主党の鳩山政権がおかしな状況に陥っていると思うのは、私だけでしょうか。鳩山さん自身も、母親から毎月1千5百万円ものお金をもらっていながら、税務申告せず、表ざたになってから約6億円を贈与税として国に納めるという状況です。「私はまったく知りませんでした」と言い訳しても、国民から見れば相続税対策の「脱税」だと思うのは、当然です。一国の宰相が自ら税金逃れをして、どうして国民に納税義務を説くことができるでしょうか。

 小沢さんの裏金問題は、いずれ司法の場で判断されると思いますが、沖縄の普天間基地問題では、名護市長選で当選した市長を推薦していた民主党が、市長選の結果を無視するような言動をし、民主党の本心が一体どこにあるのか、国民にはまったく見えません。「迷走」とはまさにこのことです。きれい事ばかり並べても、いまさらながら責任政党の難しさを実感しているのではないでしょうか。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい