2010年3月

県産材活用について予算委員会で質問

 2月19日に開会した県議会の2月定例会は、25日から本会議場での各党代表質問が始まっています。今議会は、平成22年度一般会計当初予算案の審議が中心ですが、私も3月9日(火)午前10時30分から開かれる予算委員会質疑に登壇する予定です。質問するのは、地元産のサンブスギの活用に向けて、県産材の利用促進策と地域医療問題を中心に取り上げるつもりです。

 県産材の利用促進策では、千葉県が認定する「CO2固定量認証制度」に基づいて、千葉県産木材を木材使用量の50%以上使用した新築の木造建築物に対し、千葉銀行が「ちばの木活用住宅ローン」を取り扱うことになったからです。この住宅ローンを活用すると、ローン金利が全期間1・2%も割引になる特典がつくことになりますので、県産材活用にとっては画期的な出来事です。もともと、この金利優遇策を導入して県産材活用を図るよう、昨年の2月県議会で私が提案したことに対し、県が金融機関に働きかけて実現したものです。

 予算委員会質疑の模様は、千葉テレビ放送でも県議会のインターネット中継でも見られますので、県産材活用や住宅ローン金利の割引に関心のある方は、私の質問時間に合わせてぜひ議会中継をご覧いただきたいと思います。インターネット中継は、千葉県議会のホームページからクリックしてください。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい