2011年6月

文教常任委員長に就任しました

  5月18日から3日間、改選後初めての臨時県議会が開かれました。日本中を震撼させた東日本大震災から、早くも3ヵ月が過ぎようとしています。県内の被災地はもとより、東北各県の被災者も大変つらい思いをしていると思います。なんとか復旧・復興へ向けて頑張ってもらいたいと願っています。臨時議会では、県内の被災者へ向けた早急な支援対策を中心とした補正予算案が主な議題でした。

補正予算は、総額528億7千万円で、その主なものは、被災者の生活再建支援へ101億円、インフラの復旧に192億円、産業の再生・復興に101億円、地震で被害を受けた学校や社会福祉施設の修繕費等に36億円などが主な内容でした。インフラの復旧では、地震と津波で破壊された道路、河川海岸、港湾、公園等はもちろん国庫負担で復旧させますが、制度上、国庫負担の対象外となる個所についても県単独事業として復旧を図ります。ほかにも農林水産業への支援策として、被災した農地や農業用施設、漁港施設等の復旧費用に、県単独の上乗せ補助を行って復旧を目指します。もちろん補正予算は、県議会で可決されて、直ちに執行されます。

この臨時議会で、私は新たに文教常任委員長に就任しました。まだ2期目ですが、この重責を精一杯務めさせていただきます。教育問題は今、多くの課題を抱えていますが、教育は未来に向けて国の柱ですので、当面は震災対策と教育改革に頑張っていくつもりです。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい