2011年11月

我が家の家訓を紹介します

 10月があっという間に過ぎて行き、月日の経つのを早く感じてしまいます。10月1日と2日、「おいでませ 山口国体」へ文教常任委員長として、千葉県選手団の激励に行ってきました。昨年の千葉国体の選手育成成果もあって、天皇杯は7位、皇后杯も6位に入賞することができました。来年の岐阜国体の健闘を誓い、11月8日には選手団の解団式行う予定です。山口国体では、私も入場行進をし、国歌、大会歌(若い力)を大きな声で斉唱してきました。(気持ち良かった〜。良い思い出になりました。関係者の皆さまのご配慮にお礼申し上げます)

 ところで、皆さまの家には、家訓はありますか? おそらく、皆さまの家庭では、家訓といったかしこまった形ではなく、家族みんなの約束事といった感じであるのでしょうね。今回は、県政報告というよりもずっとくだけて、我が家の家訓をご紹介します。

 我が家の家訓は、「以心・育人」です。 

一、挨拶はきちんとしよう
二、笑顔は絶やさず
三、一度決めたことは最後まで。ただ終わりは自分で決めよ
四、いつでもプラス思考で生きよ 
五、自分がされて嫌な事は、他人にするな 
六、時は有限である。時間を大切にしよう 
七、人事を尽くして天命を待つ生き方を心がけよ 
八、自分の気持ちをはっきり言おう 
九、目上、目下の方を問わず、尊重して意見を聞くよう心がけよ 
十、心を以って人に接するべし 幸せに生きるという事は、義務である事、忘れるべからず。

以上です。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい