2011年12月

12月県議会が開会しました

 もう師走・12月の声を聞き、まさに、月日の経つのが早く感じられる今日この頃です。11月18日に平成23年度千葉県教育塔合祀慰霊祭があり、本年度新たに428柱の御霊の慰霊祭が行われました。御霊は合わせて18006柱であり、その中に、私が幼稚園の時の恩師である渡辺先生、また、旧山武町教育長だった並木淳様、山本孝様の名前がありました。私にとり、それぞれに大切な方々の合祀慰霊祭に、県議会の文教常任委員長として出席できましたことは、まさに縁があったのではないかと感じました。改めて皆様方のご功績に敬意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

 12月県議会は、12月20日閉会予定で11月25日に開会しました。わが党の代表質問は、12月1日に行われ、今日から実質的な議会審議が始まりました。開会日の森田知事のあいさつ(提案理由説明)では、第1号議案の12月補正予算案について、105億6200万円余りの増額となり、規定予算とあわせると、千葉県の予算額は1兆6800億円余となります。このうち、主なものでは「東日本大震災市町村復興基金」の創設があります。これは、千葉県を含む特定被災地方公共団体9県が設置する復興基金に対し、国から特別交付税が措置されることになり、千葉県には30億円が交付される予定です。

 また、開会中の8日には、総武本線沿線地域活性化議員連盟が発足する予定です。今後、ますます活動が活発化するものと思います。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい