2012年2月

映画山本五十六を鑑賞して

 このところ大陸からの強い寒気の影響で、非常に寒い日が続いていますが、皆さんも風邪などひかれませんよう、お体には十分お気をつけください。私は、2月定例県議会が2月17日から始まりますので、今その準備に着手しているところです。

 ところで、私は映画鑑賞が趣味の一つで、その合間をみて新年初鑑賞の映画は、役所広司さんが演じる「聨合艦隊司令長官、山本五十六〜太平洋戦争70年目の真実〜」でした。戦争を知らない私ですが、戦後の日本は何を失ってしまったのかを考えさせられる映画でした。

 本来の日本人が持つ優しさ、思いやり、強靭さ、まさに山本五十六さんのような、本質を見抜く洞察力、責任感、行動力……それらが、現代社会では少しづつ失われつつあるのではないでしょうか。戦後を生きる私たちに、いつも問いかけられることなのでしょう。

 今回の東日本大震災と放射能汚染、また世界的な経済恐慌。私は、このあらゆる苦境・逆境には、必ずそれと同等か、それ以上の成功の種が隠されているものと考えています。自信を持ち、小さな成功をコツコツと積み上げ、それが大きな自信となり、やがて信念となり、チャンスをつかむことができるものと思っています。

 2月議会といえば、新年度の千葉県の予算案を審議する重要な議会です。私たちは自民党千葉県連の政策を県政に反映させるため、さきに平成24年度県予算編成に対する18項目の最重点要望事項をまとめ、森田知事ら県執行部に提出しました。もちろん、震災対策をはじめ、山武地域にとっても重要な医療体制の充実と医師不足の確保なども当然要望に入っています。これらの実現のために、さらに頑張ってまいります。


バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい