2013年8月

参議院選挙を振り返って

  参議院選挙が終わりました。

 今回の参議院選挙では、昨年12月の衆議院選挙で選ばれた安倍政権の半年間の実績が問われ、自民党・公明党の与党が勝てば、今後3年間は、いわゆるねじれは解消され、日本の将来を託すということの重要性をしっかりと認識していただき、投票するという、大きな選択の選挙でありました。

 その結果、皆様のご支援によって自民党は大きく議席を伸ばし、自公の与党が参議院でも過半数を取ることができ、ねじれが解消されました。

 千葉県選挙区においても、2議席を獲得することができ、多くの方より、祝福をいただきました。(公職選挙法により、皆様にお礼は、書き込めませんが、)皆様の期待の大きさを痛感しているところです。しかし、勝った勝ったと喜んでばかりいられません。

 税・年金・医療・雇用・子育て・TPP・原発等、多くの課題を抱えている日本、千葉県のため、これからどのような政策を実行していくのか、国民は厳しい視線で政策を判断していくことと思います。

 一方で残念だったのはやはり「投票率」です。全国では52.61%で、前回の2010年参院選の57.92%を5.31ポイント下回り、戦後3番目の低さとなってしまいました。千葉県では更に低く49.22%で、山武市はその遥か下をいく46.67%です・・・。

 選挙期間中から関心の低さは感じていましたが、ネット選挙解禁で少しは上向くかと期待していただけに残念でありました。

 私としても決して諦めることなく、少しでも投票率が上がるよう努力を続けて参りますが、そろそろ投票率向上に向けた革新的な取り組みが必要なのかもしれません。

 7月29日の議員総会にて、自民党県連の役員改選がありましたので報告いたします。私は、

  •  ・副幹事長(経理局長)2回目
  •  ・政務調査審議委員
  •  ・組織本部委員
  •  ・県議会議員会幹事(会計)
と役が増えてきました、頑張っていきたいと思います。

バックナンバーはこちら

自民党

サイト内検索

携帯対応ホームページ

携帯HP


山武市や県政のご相談、ご要望をお聞かせ下さい